ぽんこつたいむず

ポンコツ大学生[ぽん]の雑記ブログ

とにかく笑える!おすすめコメディ映画10選【邦画も洋画も】【ランキング】

どーも[ぽん]です

 

今回は、笑えたり心温まるヒューマン映画とコメディ映画のまとめですっ!

 

 

このまとめは僕が実際に観ていいと思ったものだけを紹介していきます。ちなみに僕はコメディ映画の感動要素は否定派ですっ!

 

僕が映画を観て笑うたびにこの記事に映画追加していくんでお楽しみにっ 

 

きっと、うまくいく

きっと、うまくいく(字幕版)

おすすめ度10

超有名インド映画。インド映画に抵抗のある人にもおすすめ。かなり長い映画だけどそれが苦にならないくらいに面白い。ゲラゲラ笑い続けるような映画ではないけれど、展開の早さと、少しずつ新しいことがわかってくるので引き込まれていく

文系の友人が「この映画は理系の人にこそ見て欲しいわぁ」とか言ってたけど別にそんなことはない。どんな人にもおすすめ

インド映画なのでもちろん踊るシーンがある

 テッド

テッド(字幕版)

おすすめ度9

みんな大好きテッド!下ネタ×テディベアの禁断の掛け算のやっちゃったな映画。ted2も出たけど僕的には1の方がおすすめです。余談ですが、かわいいビジュアルに騙されて子どもと観てしまうお父さんお母さんも多いので注意。僕は当時小学生の妹と観ました

ジャッジ

ジャッジ!

おすすめ度8

ダメ男が問題に巻き込まれてしまうよくある日本のコメディ。やることが奇跡的に噛み合ってなぜかうまいこといってしまうってゆうよくある日本のコメディ

もうただただベタベタの映画。でもそれがいい。日本のコメディの王道的展開ゆえに最強みたいなところがある。ドタバタっぷりが面白かった

最後の感動シーンはまぁ、うん…

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー

おすすめ度8

監督・脚本三谷幸喜の映画、三谷幸喜最高傑作。ただの役者を伝説の殺し屋だと間違えるギャングのボスと、暗殺者の役だと思いこんで振る舞う役者の掛け合いが面白い。常にすれ違っている会話は笑わずにはいられない。ラストまでしっかりコメディとして終わらせてくれていて最後までしっかりと楽しめる映画

大洗にも星は降るなり

大洗にも星はふるなり

おすすめ度7.5

出演俳優から見てわかる通り、映画『銀魂』で話題となった福田監督の映画です(笑)

1人の女性を巡って何人もの男たちが自分が彼女と結ばれるべきだとその根拠を各々言い合って結局最後はグダグダ喧嘩するという映画です。もうただただずっとコントと小ネタの応酬を最後まで貫いてくるところが評価高い

『勇者ヨシヒコ』シリーズと同じで本当にいい意味でくだらない映画になっています

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

おすすめ度7.5

大人気WEB小説の映画化。田舎町のやんちゃ高校生と大人げない駐在さんとのイタズラ合戦を描いた映画。小説版で人気を博した伝説のイタズラの数々の実写化は爆笑必至。声上げて笑っちゃう。コメディ映画のラストは無駄に感動させようとするけどこの映画も感動狙ってくる。ただ感動の間にもちゃんとボケはさんで笑わせてくるから評価高い

絶対この映画のイタズラ真似したくなるけど多分これ現代だと捕まる

謝罪の王様

謝罪の王様

おすすめ度7

『なくもんか』『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎・阿部サダヲのチームが再集結した映画。謝罪屋に扮する阿部サダヲが謝罪ノウハウで様々な場面での謝罪を成し遂げていく映画。出てくる奴らがとことんコメディでワロタ。最後の最後の土下座を超えた謝罪がくだらなすぎて笑いが止まらん

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

おすすめ度7

有名小説原作の映画。京都を舞台に、式神っぽいのを使って戦うホルモーと、それに参加する大学生たちの戦いを描いた映画。女に見事に騙される男子大学生とか、リア充にボコられてちょんまげになったりと、設定は壮大なのにやってることはアホ大学生そのまんまで笑う。式神への命令がわけわからん言葉とポーズでそれを真剣にやってる栗山千明にわろたってなる

 

キサラギ

キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

おすすめ度7

5人の男たちが狭い小屋で話すだけの映画。1年前に自殺したアイドルを偲ぶ会をするためにネット掲示板のオタクたちがオフ会をする中でこの5人の中にアイドルを殺した犯人がいることがわかっていく…。ってシリアスっぽい設定なんだけどやってることは終始コント。最後までしっかり笑わせてもらいました。

気持ち悪い香川照之が面白すぎる

ピクセル

ピクセル (吹替版)

おすすめ度5

宇宙人たちがゲームの設定で地球人に戦いを挑んでいくという映画。一見SF風だし、実際そのつもりで作ったのだろうが。SFとして観ると非常に微妙。くだらなすぎる(笑)

爆笑ポイントが多すぎるんだが結局ラストに近づくに従ってどんどん面白くなっていった。最高。ただ、やっぱりコメディとして観るのは間違ってるかも…

 

 

 

はい、とりあえずここで終わりです。もっともっと映画追加していきます!

 

おわりでーす

 

 

関連記事

pontaron.hatenablog.com

pontaron.hatenablog.com

pontaron.hatenablog.com